相続手続

ホーム > 相続手続

「ご遺族の方へ」~その後の安心のために~

大切な方が亡くなった悲しみの中、公的な手続きや預貯金の解約、不動産の名義変更などの相続手続を行うのはとても不安で大変なことです。そんなとき私たち「相続のプロ」がご家族の負担を軽くして早く「あんしん」した生活を取り戻すためのお手伝いをしております。

1.こんな方におすすめしています 

何から手を付ければいいのか手続き自体がわからない場合

先妻の子供と後妻が相続人のときや付き合いのない兄弟、甥、姪が相続人となり、当事者間で話し合うことが難しい場合

相続人の中に行方不明者がいる場合

相続人の中に未成年者がいる場合

相続人の中に外国、遠方の居住者がいて手続時に実家に帰ることが難しい人がいる場合

相続人の中に認知症や障害等により意思能力の低い人がいる場合

相続人の中に債務(借金)の多い人がいる場合

被相続人の債務(借金)が多く相続放棄をしたい場合など

2.手続きの流れは

法定相続人の確定財産の特定及び評価

矢印

プランのご提示分割協議書の作成

矢印

登記手続 名義変更、解約手続

★遺言がない場合には民法が定める法定相続人を確定して相続人全員による話し合い(遺産分割協議)を行う必要があります。当事務所では戸籍の取得から二次相続までを考慮した分割方法のアドバイス、ご相談等に応じております。

3.ご費用について

ご費用は法定相続人の数と財産額(不動産の評価額と個数、預貯金の額と金融機関の数)に応じて異なります。
当事務所では着手金(150,000円~)(税別)のご案内後に法定相続人等の調査を行い確定費用をお知らせして手続きを進めております。
※ご費用(例)
財産額3,000万円の場合
480,000円~840,000円
財産内容
土地・建物各1(評価額1,500万円)
預貯金3行(1,500万円)
相続人3名の場合
※調査費、登録免許税等については別途ご負担を頂いております。
※係争性がある場合や特殊な事情がある場合には別途費用が加算されることがあります。
★相続=相続税ではありませんが平成27年の基礎控除額縮小後は相続税の申告対象者が大変多くなっています。
当事務所では提携先の税理士事務所と不動産業者の協力を得て税務申告までの責任のある対応と財産中の不動産等の換価、換金手続を含めた「ワンストップサービス」を実践しています。